不登校の経験からの大きな変化

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ますださなえ 宝塚市在住 HYGGE(ヒュッゲ)幸せを呼ぶ子育て術 主宰 快適な暮らしクリエーター /元幼稚園教諭・保育士・ベビーシッター 計13年勤務 /整理収納アドバイザー1級 /2児の母親(高校生の娘・大学生の息子) /2匹の犬と暮らす /幸福度の高い北欧の暮らしを日本でも実現『HYGGE』(ヒュッゲ) 『おうちを楽しむ』『子育てを楽しむ』『家族を楽しむ』『自分を楽しむ』方法を快適な暮らしクリエーターがお届けします

幸せの法則®コミュニケーションワークショップの効果

 

息子の小学校の教育実習が終わりました。

2週間という短い期間で、大阪府の小学校に行きましたがコロナ渦での実習の受け入れは大変だったと思います。

担当の先生から、失敗しても良いから、フォローするから大丈夫!と言ってもらいその言葉を信じて実習に挑んだようですが、沢山助けて頂きながら2週間の間で子どもの可愛さや素直さを実体験を通して感じたようです。

 

 

最終日の研究実習は、理科を選び一から作る授業は大変だったよう。

前日は準備が間に合わないからと近くのネットカフェに泊まり込んで、準備して挑んでいました。

(すぐに諦めるのを近くで見ていた妹は特に驚いていました(笑))

色々反省点はあったようですが、自分が納得できる授業ができた事、最後までやり切れた事を認めてもらい達成感を味わえたようでした。

研究授業は、多くの先生が見に来るそうですが授業内容の視点が面白かったようで、今後学校の授業でも取り入れてもらえるそうで自信がついたようでした。

今回息子の教育実習を通して改めて、幸せの法則®コミュニケーションワークショップの効果を実感しました✨

この2週間で自信を無くしたこともあったようで「僕は教師に向いていないかもしれません」という話もしたそう。

「じゃあ教師に向いている人ってどんな人なんだろう。。。」と先生も一緒に考えて下さったそうで沢山対話をしたようでした。

 

 

実習最終日に「君は教師に向いていると思うよ」と言ってもらえた!と嬉しそうに教えてくれました。

そして、子どもにも実習生にも愛をもって接してくれる担当の先生の様になりたいな。となりたいモデルが出来たようでした。

引き続きボランティアに行くようなので、今度は先生の声かけも真似したい。もっと子どもを知りたい。と色々と思いはあるようで、先生や子ども達に会えるのを楽しみにしているようです。

 

 

中高時代だと詳しく自分の事を話しをしたり、気持ちの移り変わりの過程を家で話す事なんてありませんでした。

無意識に良いことだけを言わないといけない、という意識が私にも息子にもあったのだと思います。

幸せの法則®コミュニケーションワークショップで学んだ事を、私も息子も日々実践していますが、こんな風に息子も先生に自分の気持ちを伝えたり、分かってもらおうとする、分かろうとする事になるんだという事が分かり、コミュニケーションワークショップの効果を実感しました✨

 

 

そして最終日に、子ども達からお別れ会をしてもらったそうで「理科の授業楽しかったよ!」「いつも休み時間遊べたのが楽しかったよ!」など書かれてある手紙を子ども達からプレゼントしてもらい一気に疲れも吹き飛んだようです。

 

 

その中の手紙の中の絵で、雨の下で泣いている子どもの絵から➡がしてあり、虹の下で笑っている子どもに変わっている絵がありました。

不思議に思って息子に聴いてみると、担任の先生も気になっていた子どもだったそうで、自分の事を発表する場面でも「今日も帰ったらゲームをします」としか言っていなかったのが、最終日に「今日は増田先生と2回も一緒に遊べて嬉しかったです!」と自分の気持ちを初めて発表したのを聴いて、担任の先生は嬉しくて泣きそうだったんだよ。と後で教えてくれたそう。

 

 

内にこもって自分の気持ちを伝えるのが苦手だった息子も、幸せの法則®コミュニケーションワークショップを実践している事で、こんな風に周りに連鎖していくのだと言うのを私も学ばせてもらいました。

幸せの法則®コミュニケーションワークショップは、日常をストレスなくスムーズに過ごしたい人、親子、夫婦、親族、職場など人間関係に悩みがある人に有効な方法です✨

 

 

不登校時代は朝も起きられず、体調の不調も良く訴え、諦める事を何度もしていました。

目の前の事に向き合う事から逃げていたのが、私が変化した事で、目の前の事に淡々と向き合い必要な事を自分で考えて行動していく変化を改めて感じました。(母親の潜在意識(心)を98%影響を受けているからです)

今考えると、本人の意志ややる気がないとやはり何をするにも意欲が湧いてくるはずがないなと思います。

 

 

「早く行って欲しい」「何でうちの子だけ・・・」こう思っている以上は、不登校は改善しません。

正しさだけ伝えても残念ながら伝わりません。不登校は親子の学びです。

 

幸せの法則®~幸福度の高い子どもの育て方~5回目で、不登校について詳しくお伝えしていますが、

親が逃げている以上は、不登校はどんな有名な精神科医に聞いても良くなりません。

幸せの法則®を伝える立場になり、私の経験が答え合わせとなりました。

まずは、母親の心を解放し、整えていく必要があります。(それだけ母親も傷ついているという事です)

その具体的な方法を5回に渡り、思い込み囚われから解放されるようにお伝えしています。

どなたでも安心していらしてください🎵

私の経験が必要な方のお役に立てると幸いです✨

 

 

母親の心を整える事で、子どもが変化する様々な講座、ワークショップは

スケジュールよりご確認下さい🎵

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ますださなえ 宝塚市在住 HYGGE(ヒュッゲ)幸せを呼ぶ子育て術 主宰 快適な暮らしクリエーター /元幼稚園教諭・保育士・ベビーシッター 計13年勤務 /整理収納アドバイザー1級 /2児の母親(高校生の娘・大学生の息子) /2匹の犬と暮らす /幸福度の高い北欧の暮らしを日本でも実現『HYGGE』(ヒュッゲ) 『おうちを楽しむ』『子育てを楽しむ』『家族を楽しむ』『自分を楽しむ』方法を快適な暮らしクリエーターがお届けします
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© HYGGE(ヒュッゲ)幸せを呼ぶ子育て術 , 2021 All Rights Reserved.