息子の不登校から学んだ事

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ますださなえ 宝塚市在住 HYGGE(ヒュッゲ)幸せを呼ぶ子育て術 主宰 快適な暮らしクリエーター /元幼稚園教諭・保育士・ベビーシッター 計13年勤務 /整理収納アドバイザー1級 /2児の母親(高校生の娘・大学生の息子) /2匹の犬と暮らす /幸福度の高い北欧の暮らしを日本でも実現『HYGGE』(ヒュッゲ) 『おうちを楽しむ』『子育てを楽しむ』『家族を楽しむ』『自分を楽しむ』方法を快適な暮らしクリエーターがお届けします

息子の不登校から学んだ事

 

息子は、中学高校時代不登校を経験しました。

当時の息子は死んだ方がましだと、何度口にしていたか分かりません。

その度、私のせいなんだと自分を責めていました。

中高一貫校でしたが、このままでは高校に上がれない、他校を受けた方が良い。とまで言われていました。

 

 

楽しそうに登校している子どもを見る度、どうしてうちの子は?

何が悪かったんだろう。。。そんな事ばかり考えていました。

 

 

その反面、親として恥ずかしいという気持ちもあったのも事実です。

だから誰にでも言える話ではありませんでした。

話す事で私が責められるんじゃないか、親としてダメだと思われるのも怖くて仕方がなかった。

不登校の子どもを抱え幼稚園教諭をして良いのだろうか、そんな事すら思っていました。

 

 

どこかで、不登校の子どもを持つのは恥ずかしいと思っていた事から、同時に明日は行って欲しい、早く行って欲しい。その気持ちがずっと拭えませんでした。

そして、腹痛を訴え休むという繰り返し。当時の私は心配より何で行かないの?の気持ちの方が強かったんです。

しかし、親がこの気持ちでいる以上、言葉に出さなくとも子どもはエネルギーで感じているので学校に行きません。

 

 

そして当時の私は、主人から言われる事も責められているように勝手に感じ、ちょっとした事をきっかけによく喧嘩をしていました。

誰も私のしんどさなんて分かってくれるはずがない。

全て1人で抱えて本当にしんどかったな。と今なら言えますが、当時はしんどいという自分の気持ちなんてどうでもよくて、そんな事より子どもに早く学校に行って欲しい。とだけ思っていました。

自分の体裁しか考えていなかったのです。

しかし、子どもと向き合う事、自分の心を大切にする事で変化していきました。

 

 

幸せの法則®で原理原則を学び、更にその理由が理解できました✨

そして小手先の方法は対処法でしかなく、本質的な問題解決にはならないという事

親のエネルギーが子どもにどれだけ影響するかを学び、私が幸せになる事が先決だったのがより分かりました。それは自己犠牲に成り立つ愛はないからです。

 

 

何故なら、自分を大切に出来ないと我が子を大切にできないから。

そして、心を伝えるコミュニケーションは、親子の溝を埋めるのにとても大切なツールでした。

 

 

不登校でしんどい思いをした息子も、今は大学3回生となり、不登校時代、点数でしか評価されないしんどかった経験を、子ども時代に学ぶ事は楽しい。という事を伝えたいと小学校の先生を目指しています。

不登校を経験していなかったら、学校の先生なんてなりたいと思わなかったな~。と今では笑い話になっています。

 

 

そして今日から小学校の教育実習が始まりました✨

春からボランティアに行っている学校なので、実習出来る事を楽しみにしているようですが、

楽しみになる前には、たくさん不安な気持ちを吐き出していました。

私が自分の事を受け止められるようになった事で、息子の事も自然と受け止められるようになり

息子も吐き出す事で自然と前を向けるようになっていきました✨

 

担当の先生がとても愛のある方のようで「まず楽しんだらいいから!」「上手くいかなくてもしっかりサポートするから大丈夫!」「君が教師になるかは今は分からなくても、教師としてしっかり育てるつもりだから!」「実習生には先生とはあまり呼ばないみたいだけど、子どもにとったら学生でも先生。だから僕は君の事先生と呼ぶから!」と言って下さったそう。

 

 

ちゃんと自分に必要な人に出会えるようになってるわ~と喜んでいました。

昔の息子なら、思うように言葉が出てこなかったのが、幸せの法則®コミュニケーションワークショップで心を話す事が出来る様になり、息子も担当の先生に過去の話もしたようで、先生と分かり合う経験が出来たのも嬉しかったそうです。

そしてこんな人になりたい!と思える尊敬できる先生に出会えてよかった!と言っていました。

 

沢山の経験から起こる出来事はポジティブしかないという事を改めて息子から学ばせてもらいました✨

不登校の時お世話になった先生も、厳しく言われて心が折れそうになった先生も、実習の先生にもこうして沢山の方から育てて頂いている事に親として感謝の気持ちです。

 

 

今不登校で悩んでいる人、子育てに悩んでいる人へ

子育てするのがしんどいと言っても良いし、子育て辛いと言っても大丈夫です✨

恥ずかしいと思っても、どんな自分の気持ちもOKなんです。

お茶会などでも、不登校の相談を受ける事がこれまで何度かありました。

ママが幸せになる事、しんどい気持ちを吐き出す事が大切だという事をより感じます。

その後必ず変化しているからです。

目先では、しんどい事の様に思えても今起こっている出来事は必ず親子で幸せになるために起こっています。

起こる出来事はポジティブしかありません。

そしてネガティブだと思っていた私の経験が、こうして誰かの役になっているのが分かる事で、無駄な経験なんてないんだな、という事を実感しています。

 

 

まずママがどうすれば良いか、ママが自分の心をどう大切にし、どう行動すれば良いかは

幸せの法則®~幸福度の高い子どもの育て方~で学んで頂き実践する方法をお伝えします✨

ママのエネルギーが変わる事で周りが変化していくのを実感して頂けると思います。

 

 

今回より、幸せの法則®幸福度の高い子どもの育て方+心を吐き出し自己受容に繋がるセルフコンパッション+心を言葉にして話す練習の場 コミュニケーションワークショップも同時に学んでいただき、より効果を実感して頂けるようになっています。

 

初回日程は、9月18日㊏・10月8日㊎ です

 

幸せの法則®~幸福度の高い子どもの育て方~3期生 詳細はこちらから

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ますださなえ 宝塚市在住 HYGGE(ヒュッゲ)幸せを呼ぶ子育て術 主宰 快適な暮らしクリエーター /元幼稚園教諭・保育士・ベビーシッター 計13年勤務 /整理収納アドバイザー1級 /2児の母親(高校生の娘・大学生の息子) /2匹の犬と暮らす /幸福度の高い北欧の暮らしを日本でも実現『HYGGE』(ヒュッゲ) 『おうちを楽しむ』『子育てを楽しむ』『家族を楽しむ』『自分を楽しむ』方法を快適な暮らしクリエーターがお届けします
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© HYGGE(ヒュッゲ)幸せを呼ぶ子育て術 , 2021 All Rights Reserved.